sss

チェンマイの現地ツアー会社 Ranvel Tour

Ranvel Tour - ( http://www.ranveltour.com/ )
日本人2名常駐。24時間対応で、お客様の様々なご希望に合わせ、ツアーはもちろんの事、ホテル、航空券等も手配致します。まずはお電話下さい。
イーペン in ドイサケット 2017(コムローイ一斉上げ) 限定30席 ( Ranvel Tour )
一斉に解き放たれ、夜空に舞う無数の灯光 コムローイ! 村人との交流や地域活性化を目的に昨年から開催され、今年で2回目の初々しさを感じられるイベントになります。全席数はイーペンランナーの1/4程度の1,000席になりますが、全席指定の事前予約制となり寛いでお楽しみ頂けます。 詳しく
3大ロイクラトン スコータイ&イーペン&コムローイ 3泊4日混載ツアー 2017 ( Ranvel Tour )
ライトアップされた王室遺跡のワットマハタートを背景に繰り広げられる、スコータイロイクラトンショー。このショーを先着5名様に限り、正面最前列の特等VIP席でお楽しみ頂けます!チェンマイのロイクラトン・イーペン、スコータイの遺跡ショー、コムローイ一斉上げの3つを体験できる絶好のチャンス!! 詳しく
世界遺産スコータイとピサヌローク 1泊2日 ( Ranvel Tour )
スコータイは、ご存知の通り世界遺産にも指定されている世界的にも有名な観光地です。このツアーでは、この世界遺産である遺跡群、及びスコータイと同じく世界遺産に指定されているスコータイの姉妹都市、シーサチャナーライの遺跡群、及び隣県のピサヌロークを1泊2日掛けて見学します。 詳しく
タイ最北端の都市チェンラーイ 1泊2日 ( Ranvel Tour )
こちらのツアーでは、タイ最北端の国境の町メーサーイ、メコン川を挟んでタイ、ラオス、ミャンマーの3ヶ国が国境をなす黄金の三角地帯を訪問します。また、白亜の寺院ロンクン寺院、ドイトゥンにある王様の御母堂の御殿と眼下に広がる庭園等、見所満載です。 詳しく
ハリプンチャイ王国と織物の街 ランプーン半日 ( Ranvel Tour )
ランプーンは、その昔ハリプンチャイ王国として栄華を誇ったタイ北部で最も古い街です。かつてはモン族の王国として栄え、その後ランナータイ王国に吸収され、一時は王朝の首都とされた事もある、由緒ある街です。代表的な寺院、織物の機織と盛りだくさんの半日です。 詳しく
自然豊かな素朴さ残る高地リゾート ドイアンカーン日帰り ( Ranvel Tour )
ドイアンカーンは、タイで一番最初のロイヤルプロジェクトが立ち上げられた地として有名です。この地にあるプロジェクト内には大規模な庭園があり、年を通し色彩豊かな、様々な種の花が咲き誇り、華麗な姿で皆様を迎えてくれます。素朴な山岳民族の村もあり、その村より眺める大自然の姿は絶景そのものです。 詳しく
チークとモーホーム(藍染の木綿織物)の街 プレー日帰り ( Ranvel Tour )
プレーは、その昔チーク材の売買で財を成した街と言うだけあり、今も街の随所にチーク材を使用した建造物が残っています。建物その物が芸術作品とも言えるウォンブリーハウス、北部タイの伝統的な服モーホーム(藍染の木綿織物)の藍染、バティック工房をメインに訪問します。 詳しく
山岳民族満喫ツアー ( Ranvel Tour )
このツアーでは、タイの有名な山岳民族7部族(首長族、モン(メオ)族、ラフ族、パロン族、アカ族、リス族、カレン族)の村、及び山岳民族博物館を訪れます。 詳しく
市場散策とピン川遊覧 ( Ranvel Tour )
夕方3時半頃にホテルを出発し、チェンマイ市民の生活を探る旅へ皆様をご案内致します。チェンマイ市民の台所ワロロット市場、ムアンマイ青果市場の見学、ピン川遊覧、タイ風しゃぶしゃぶのご夕食をお楽しみ頂けます。 詳しく
幻の王国ウィアングンガムとピン川遊覧 ( Ranvel Tour )
ウィアングンガムは、チェンマイを築かれたメンラーイ王が、チェンマイへ移り住む前に築かれた王国で、長い間幻とされてきました。こちらのツアーでは、このウィアングンガム遺跡、ピン川遊覧、北部タイ名物のカオソーイ(タイ風カレーラーメン)のご昼食をお楽しみ頂けます。 詳しく
チェンマイ動物園(ジャイアントパンダ) ( Ranvel Tour )
チェンマイ動物園は、ドイステープの麓の広大な敷地内に広がっています。ジャイアントパンダ、コアラ、ホワイトタイガー、ペンギン、アジア象等、様々な動物が居ます。 詳しく
機織の村メーチェム ( Ranvel Tour )
メーチェムはチェンマイ市の西方面、ドイ・インタノン周辺をさらに通り越したところに位置するチェンマイ県最大の郡です。メーチェムの女性にとって切っても切り離せないものが、パー・シン・ティーン・ジョックと呼ばれる腰巻スカートです。この織物は、バンコクのチットラダー宮殿にも納められている、非常に有名な織物です。 詳しく
北部郷土料理カントークディナーショー ( Ranvel Tour )
カントークディナーは、北部タイの郷土料理です。この伝統的なスタイルで食事を取りながら、タイの習慣を美しく演じる、北部タイの民族舞踊を鑑賞することが出来ます。 詳しく
ミニサファリ(象乗り&牛車乗り&イカダ下り) ( Ranvel Tour )
チェンマイ市内より車で約1時間半の山間に涼しく空気のきれいな渓谷があり、約40頭ほどの象が住む象の訓練場があります。ここでは、象のショー、象乗り、イカダ下り、牛車乗りをご体験出来ます。また、象の糞で紙を作っているタイ和紙工場、ラン園も見学致します。 詳しく
ドイインタノン国立公園 ( Ranvel Tour )
タイ最高峰であるドイインタノンは、標高2,565mあり、様々な高山植物が咲いている事で有名です。その他、現王ラーマ9世とシリキット王妃の為に建てられた記念塔、ロイヤルプロジェクトによって経営されている植物園、荘厳な滝、山岳民族の市場等をお楽しみ頂けます。 詳しく
サンカムペーン温泉と手工芸品の村 ( Ranvel Tour )
市内より40㎞ほど離れた郊外に、天然温泉の湧いているサンカムペーン温泉があります。このツアーでは温泉、及び手工芸品の村を見学します。タイの手工芸品、民芸品は世界的にもとても有名で、タイシルク、セラドン、銀製品など、全ての工芸品は、職人の手によって慎重、かつ心を込めて作られたものです。 詳しく
エレファントキャンプとラン園 ( Ranvel Tour )
市内から約30㎞ほど離れた山間に、涼しく空気のきれいな美しい渓谷があり、そこにエレファントキャンプ(象の訓練場)があります。ここでは、象による様々なかわいいショーを見る事が出来ます。エレファントキャンプの傍には、ラン園があり、色とりどりのタイのランを見ることが出来ます。 詳しく
チェンマイ寺院巡り(3寺院) ( Ranvel Tour )
こちらのツアーでは、チェンマイ市内にある有名寺院3箇所を訪れます。プラシン寺院、チェディルアン寺院、チェンマン寺院、スアンドーク寺院、ジェットヨート寺院、ウモーン寺院より3箇所をお選び下さい。 詳しく
ドイステープ寺院と山岳民族メオ族の村 ( Ranvel Tour )
ドイステープ寺院は、1383年クゥナー王によって建てられた寺院で、「チェンマイへ来てドイステープ寺院へ行かなければ、チェンマイへ来た事にはならない」とまで言われるほど、チェンマイで代表的な寺院です。その他、山岳民族メオ族の村を訪れます。 詳しく
首長族の村とチェンダオ洞窟 ( Ranvel Tour )
こちらのツアーの目玉は、首長族の村訪問です。首長族は、首と手首と腿に輪を着けることで有名です。この他、アカ族、ラフ族の村を訪問し、タイ最大級の洞窟、チェンダオ洞窟を見学します。 詳しく
国境の町メーサーイと黄金の三角地帯 ( Ranvel Tour )
こちらのツアーでは、タイ最北端の国境の町メーサーイ、メコン川を挟んでタイ、ラオス、ミャンマーの3ヶ国が国境をなす黄金の三角地帯を訪問します。また、チェンラーイ市内では、メンラーイ王のモニュメント、白亜の寺院ロンクン寺院を見学。郊外の山岳民族の村も訪問します。 詳しく
往路を列車で行く古都ランパーン、ランプーン ( Ranvel Tour )
往路汽車に乗り古都ランパーンへ。ランパーンでは名物の花馬車に乗っての市内遊覧、有名寺院プラタートランパーンルアン寺院、プラケオドンタオ寺院、チェディサーオ寺院を見学。また、隣ランプーンでは、有名寺院ハリプンチャイ寺院、OTOP(一村一品)運動の露店等へご案内致します。 詳しく
飛行機で行くメーホンソーンの旅 ( Ranvel Tour )
メーホンソーンへは往復飛行機を利用して行きます。メーホンソーンのメインは何と言っても首長カレン族です。この山岳民族の女性の一部は、子供の頃、首に青銅の輪をはめられ、年齢を増すごとに輪を一つ一つ足していき、それを一生つけています。その他の観光地として、魚の洞窟、市内の寺院があります。寺院はビルマ様式で、他とは違った雰囲気が味わえます。 詳しく
スコータイ史跡公園とシーサチャナーライ史跡公園 ( Ranvel Tour )
スコータイは、ご存知の通り世界遺産にも指定されている世界的にも有名な観光地です。このツアーでは、この世界遺産である遺跡群、及びスコータイと同じく世界遺産に指定されているスコータイの姉妹都市、シーサチャナーライの遺跡群を見学します。 詳しく

キーワードでツアーを検索

キーワード :


他のツアー会社


プライバシー・ポリシー 広告掲載について お問い合わせ

CopyRight© 2002 - 2017 Nap Garden Co.,Ltd. All Rights Reserved.