sss

サンカンペーン温泉

チェンマイ市街から約40キロ東へ行った郊外にサンカンペーン温泉がある。
強い硫黄泉は100℃を超える。

1972年頃タイ政府は、この温泉から地熱エネルギーを得ようと試みたが、膨大なコストがかかることがわかり、あえなく断念。
その後、タイ政府観光局(TAT)や地元・サンカンペーンの役場などが投資し、この地に入浴施設、レストラン、お土産物屋、フラワーガーデンなどを整備した。
こうして1984年12月22日、温泉施設を含む観光地として新たに生まれ変わった。


サンカンペーン温泉 #111(S) チェンマイ現地情報 サンカンペーン温泉 #112(S) チェンマイ現地情報 サンカンペーン温泉 #113(S) チェンマイ現地情報 サンカンペーン温泉 #114(S) チェンマイ現地情報 サンカンペーン温泉 #115(S) チェンマイ現地情報 サンカンペーン温泉 #116(S) チェンマイ現地情報 サンカンペーン温泉 #117(S) チェンマイ現地情報 サンカンペーン温泉 #118(S) チェンマイ現地情報 サンカンペーン温泉 #119(S) チェンマイ現地情報 サンカンペーン温泉 #120(S) チェンマイ現地情報

敷地内には、現在キャンプ場があり、テント・キャンプ道具など一式を有料で借りられる。

入場料:大人30B、子供15B
園内への車の乗り入れ:20B
宿泊:温泉付きバンガロー1泊1000B
テント:?

サンカンペーン温泉 の場所(位置情報)

サンカンペーン温泉

ルンアルン温泉



「サンカンペーン温泉」を含む現地ツアー - β版
サンカムペーン温泉と手工芸品の村 [Ranvel Tour] 
市内より40㎞ほど離れた郊外に、天然温泉の湧いているサンカムペーン温泉があります。このツアーでは温泉、及び手工芸品の村を見学します。タイの手工芸品、民芸品は世界的にもとても有名で、タイシルク、セラドン、銀製品など、全ての工芸品は、職人の手によって慎重、かつ心を込めて作られたものです。

「サンカンペーン温泉」に触れているページ - β版

ちょっとそこまで~(2) / ちょっとそこまで~(1) / 早朝のサンカンペーン温泉 / 副産物 / ドタバタ温泉旅行(2) / ドタバタ温泉旅行(1) /

プライバシー・ポリシー 広告掲載について お問い合わせ

CopyRight© 2002 - 2017 Nap Garden Co.,Ltd. All Rights Reserved.