sss

植物園で山遊び

クイーン・シリキット・ボタニック・ガーデン。
実は我が家の面々が、気軽に行けるチェンマイ近隣の遊び場で一番気に入っているのがここだったりする。
シリキッド王妃の名を冠したこの植物園は、市内から北に2~30分(20km程)行き、そこから更に山道を車で20分少々クネクネと登った所にある。(我が家からは30分程で行ける)
この植物園の特徴は、とにかく広大な敷地。日本によくあるドーム状の植物園とは一線を画しており、はっきり言って山1つどころか2つか3つが丸ごと植物園。初めて行くとその規模に面食らう。(敷地の中にはもちろんグラスハウスもある)
なおメインのルートは、車の乗り入れが可能。
園内はグラスハウスの集まるエリアの他、いくつものエリアに分かれており、全てをじっくり見て回るのは1日では少々困難。
また、敷地は広大ながらさすが王室関連、手入れは行き届いている。
そしてこれこそが最大の特徴、というか特長だと思うのが、園内に幾つものウォーキング・トレイルがある点。
各トレイルはそんなに長いわけではないが、川沿い、林の中、上りに下り等、ちょっとしたトレッキングコースばりのルートもあり、軽く山歩きっぽいことまでできてしまう上に、広い芝生エリアまであったりして、のんびり野外で1日を過ごすのにうってつけなのだ。
きれいな川があり、暑い時期には水遊びもできる。
山全体が植物園なので、そこかしこに珍しい植物が一杯。
そして少々行き難い場所なためか訪れる人が多くないのに加え、敷地がやたらめっぽう広く、散策ルートが多い上に地図には無いルートもあるため、全体をしっかり把握するにはそれなりに時間を要する。

しかし解り難い小径をちょっと奥に入ると、誰も来ない絶景ポイントや、ピクニックシートを広げてのんびり出来る場所等があちこちにあり、暇さえあれば訪れている我が家は、いつもそうした場所でのんびりしている。
とある小径の奥のへんちくりんな樹。
探してみて下さい。
熱帯の山の中を、思うままに、安全に歩き回れる場所というのは、実は非常に少ない。
チェンマイ近郊でのトレッキングツアー等も、結局はガイドと共に案内に従って歩いて行くことになるので、なかなか思い通りにはできない。
そういった意味でも、この植物園は非常に貴重だと思う。
しっかり見て回りたい場合は、1日ではちょっと不足なので、植物園入口の反対側(国道を挟んだ真向かい)にある「Botanic Resort」に滞在してゆっくり回るのがいいだろう。
以前一度泊まったことがあるが、非常に静かで値段も手頃な、プールがきれいなリゾートだった。

2012/10/05(Fri)

プライバシー・ポリシー 広告掲載について お問い合わせ

CopyRight© 2002 - 2017 Nap Garden Co.,Ltd. All Rights Reserved.